5月の「春の慰霊祭」、8月の「夏まつり」、さらに3月と9月の「永代供養慰霊式」は会員をはじめ地元の方々が大勢参加され、また、秋の合祀慰霊式はご遺族をはじめ関係者多数が参列して「御霊」を慰霊いたしております。

永代供養慰霊式(毎年3月・第9月催)

 高尾みころも霊堂の「御霊」をご供養するために、霊堂9階の各祭祀室に供花、拝礼を行い奉祀之霊位前において、当会理事長による「永代供養式典における産業殉職者に捧げることば」を奉上し、独立行政法人労働者健康安全機構による供花を行い参加者全員で拝礼・黙とうを捧げ御霊をお慰めいたしております。

第8回 令和3年3月29日(月)午後2時30分より 高尾みころも霊堂管理事務所2階 仮祭壇にて



第9回 令和3年9月24日(金)午前11時30分より 「令和3年度秋彼岸永代供養慰霊式」 遺族休憩所にて



 令和3年度中止となった「春の慰霊祭」、「夏まつり」、「春夏合同慰霊式典」への対応と恒例の秋彼岸永代供養慰霊式も併せた形で、規模縮小した御霊慰霊に係る行事のみを「令和3年度秋彼岸永代供養慰霊式(第9回)」として、9月24日(金)に高尾みころも霊堂遺族休憩所にて開催いたしました。
 当日は新型コロナウイルス緊急事態宣言期間中で霊堂は臨時閉館でしたが、感染対策徹底により労働者健康安全機構の特別許可の下、ご来賓、ご遺族、奉賛会関係者等合わせて約20名程のご参列をいただき、厳かに御霊を慰霊申し上げました。