産業殉職者霊堂奉賛会は産業災害により殉職された方々の尊い御霊を合祀奉安する産業殉職者霊堂(高尾みころも霊堂)(以下「霊堂」という。)の運営に協力する公益財団法人です。この霊堂は昭和47年6月労災保険法施行20周年を記念して東京都八王子市に国をはじめ産業界の協力のもとに、独立行政法人労働者健康福祉機構 (旧労働福祉事業団)によって建立されました。奉賛会は春、夏の慰霊行事を催し、霊苑の環境美化に努め御霊をお慰めすることを通じて産業災害の根絶に向けた機運の醸成に努めています。
産業殉職者慰霊顕彰碑
産業殉職者慰霊顕彰碑

天皇皇后両陛下の高尾みころも霊堂行幸啓

 平成31年(2019年)4月30日(火)にご退位された天皇皇后両陛下におかれましては、ご退位に先立ち4月23日(火)に天皇家の武蔵御陵に行幸啓されました。その後両陛下は高尾みころも霊堂に足を運ばれ、産業殉職者等の御霊にご供花されました。
 両陛下の霊堂への行幸啓は平成21年3月、平成27年4月に次いで3回目となり、慌ただしいご日程の中お立ち寄りいただきまして、当奉賛会といたしても心より御礼と感謝を申し上げる次第です。

 なお、今般の天皇皇后両陛下行幸啓を記念して、平成21年行幸啓記念碑並びに平成27年行幸啓記念植樹(花桃)の近接地に「橘(タチバナ)」の記念植樹を行いました。

お知らせ
  1. 産業殉職者霊堂奉賛会本部事務所の移転について

     産業殉職者霊堂奉賛会本部事務所は、令和4年2月8日(火)から下記のとおり新本部事務所へ移転しましたので、お知らせいたします。
     電話・FAX番号も2月8日(火)から下記のとおり変更となりますので、おかけ間違いのないようお願いいたします。

    <奉賛会本部事務所の移転先>

    住 所:〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目18−14 藤井 第一ビル3階

    電 話:03-5829-8299

    FAX:03-5829-4429

    *メールアドレス等は変更ありません。

  2. 高尾みころも霊堂50周年記念追悼文集(仮称)の追悼文募集について

     高尾みころも霊堂は、令和4年5月に建立50周年を迎えます。これに合わせて当奉賛会では、50周年記念追悼文集(仮称)の発行を計画しています。つきましては、奉賛会会員様はもとより、できる限り多くの皆様方から追悼文を下記のとおり募集いたしますので、奮ってご応募いただきますようお願い申し上げます。

    (1)文書タイトル及び内容:
    @ タイトル:自由(何でも構いません。)
    A 内容:自由(何でも構いません。)
    (2)文書文字数:
    最大で1200字(原稿用紙3枚)程度
    (多少前後しても構いません。)
    (3)文書送付先:
    次の@又はAのいずれかの方法によりお送りください。
    @ 市販の原稿用紙に手鉤作成した文書を奉賛会へ郵送。
    A ご自身のパソコンソフト(ワード)等で作成した文書を電子メールで送信。
    メールアドレス:housankai@sajiho.or.jp
    (4)提出期限及び本件連絡先:
    令和4年5月末日
    連絡先は下記の奉賛会本部事務所までお願いします。
  3. 高尾みころも霊堂納骨堂の利用再開について

     高尾みころも霊堂は、納骨堂改修工事が3階防水工事を除き終了し、令和3年11月から利用が再開となりましたのでお知らせいたします。詳細は霊堂管理事務所等にご確認いただければ幸いです。労働者健康安全機構のTwitter(ツィッター)等でも随時情報提供しています。
     なお、霊堂全体の開堂時間等はこのページ下記載のとおりです。

  4. 令和3年産業殉職者合祀慰霊式が挙行されました

     労働者健康安全機構が主催する産業殉職者合祀慰霊式(後援:当奉賛会)について、今年は、昨年同様に新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底した上で規模を縮小して、10月20日(水)に高尾みころも霊堂にて挙行されました。
     詳細は「産業殉職者合祀慰霊式」をご覧ください。(こちらをクリック)

  5. 産業殉職者慰霊顕彰碑増設の除幕式が挙行されました

     令和3年産業殉職者合祀慰霊式に先立ち、産業殉職者の除幕式が遺族総代表、労働者健康安全機構理事長・理事並びに当奉賛会理事長によりしめやかに執り行われました。
     詳細は「産業殉職者慰霊顕彰碑増設の除幕式」をご覧ください。(こちらをクリック)

  6. 令和3年度秋彼岸永代供養慰霊式の開催について

    今年度中止となった「春の慰霊祭」、「夏まつり」、「春夏合同慰霊式典」への対応と恒例の秋彼岸永代供養慰霊式も併せた形で、規模縮小した御霊慰霊に係る行事のみを「令和3年度秋彼岸永代供養慰霊式(第9回)」として、9月24日(金)に高尾みころも霊堂遺族休憩所にて開催いたしました。
    「永代供養慰霊式」の開催状況はこちらです。

  7. 奉賛会理事長交代に伴う新旧理事長ご挨拶について(令和3年3月19日)

    <五十畑前理事長退任のご挨拶>

    本年3月19日(金)をもって理事長を退任することとなりました。5年間にわたり奉賛会に勤務させていただき、労災死亡者を中心とする産業殉職者の御霊をお守りするとともに、その遺族の方々の苦しみを少しでもやわらげるよう尽力してきたところです。必ずしも十分とは言えませんが、多少なりともお役にたてたのではないかと思っています。これもひとえに、厚生労働省や独立行政法人労働者健康安全機構をはじめ、高尾みころも霊堂に関係する皆様方の温かいご支援をいただきましたお陰であると考えており、ここに衷心より感謝を申し上げる次第です。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
    特に忘れてはならないのは、多くの会員の方々や遺族の方々の高尾みころも霊堂とそこに祀られている御霊に寄せる厚い思いです。この方々がいらっしゃるが故に高尾みころも霊堂が存在し続けるものと確信しております。これからもこの方々に寄り添い少しでも奉賛会がお役に立つことを願っています。
    最後になりましたが、重ねていただきましたご支援に対し心より御礼を申し上げ、
    かつ、後任の大石 明理事長に対し、私にも増してご理解ご協力を賜わりますようお願い申し上げ、退任の挨拶とさせていただきます。

    公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会
    前理事長 五十畑 明

    <大石新理事長就任のご挨拶>

    本年3月19日付けをもちまして公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会の理事長に就任いたしました。五十畑前理事長同様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
    私のこれまでの職業人生の中にあって、労働災害の防止は最も気持を注いだ仕事でありました。減少してきているとは言え、残念ながらいまだに多くの方々が毎年亡くなられており、ご遺族の皆様のお気持に寄り添うことすら難しいことと感じてまいりました。奉賛会において産業殉職者の御霊を手厚くお守りすることで、少しでもご遺族の悲しみ、つらさを和らげるお手伝いをできたらと願っております。
    奉賛会の運営には、厚生労働省、独立行政法人労働者健康安全機構に加え、多方面にわたる皆様のご理解、ご協力が不可欠であります。これまで同様引き続きよろしくご助力を賜りますようお願い申し上げて就任の挨拶といたします。

    公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会
    理事長 大石 明

  8. 高尾みころも霊堂へご来堂の皆様へのお願い

    新型コロナウイルス感染拡大防止のために、ご来堂の際は次のような各種感染防止対策をお願いしておりますので、皆様のご理解、ご協力を宜しくお願い申し上げます。
    @発熱等風邪のような症状がある場合は、ご来場をお控えください。Aマスク着用の上、ほかの方との距離を十分に取りご利用ください。Bこまめな手洗いにご協力をお願いします。C参拝は、混雑が予想される日・時間帯を避けるなどのご配慮をお願いします。

  9. 高尾みころも霊堂写真集を発刊しました

    天皇皇后両陛下におかれましては、ご退位に先立つ平成31年4月23日(火)に高尾みころも霊堂へ行幸啓され、産業殉職者等の御霊にご供花下されました。
    これを記念して、「高尾みころも霊堂写真集〜慰霊 とこしえに」を令和元年12月に発刊し、奉賛会会員は元より関係各団体及び関係者に幅広く無料配布を行い大変好評をいただきました。
    なお、この写真集は若干の残部がありますので、ご希望される方は当奉賛会本部までご連絡下さい。

    デジタルブックでの閲覧はこちら
  10. 参拝交流ノート等の展示・供覧について

    高尾みころも霊堂に参拝する皆様に、さらなる交流促進並びに安らぎと癒しの場を提供することを目的として、霊堂管理事務所1階休憩室にて、霊堂の「写真集」と「参拝交流ノート」の展示・供覧をしておりますので、ぜひご覧ください。

    詳細はこちらをご覧ください

令和3年度の年間行事のご案内について(令和4年2月現在)

皆さまのご参加をお待ちしております。

(1) 「春の永代供養慰霊式」
令和4年3月22(火)午後1時30分から霊堂9階祭祀室にて執り行います。
「永代供養慰霊式」の開催状況はこちらです。
(2) 「春の慰霊祭」
上記お知らせのとおり、令和3年度春の慰霊祭は止むなく中止となりました。
令和2年は春夏合同慰霊式典となり、詳細はこちらです。
(3) 「夏まつり」
上記お知らせのとおり、令和3年度夏まつりは止むなく中止となりました。
令和2年は春夏合同慰霊式典となり、詳細はこちらです。
(4) 「秋の永代供養慰霊式」
上記お知らせのとおり、令和3年度秋彼岸永代供養慰霊式(第9回)として滞りなく開催いたしました。
「永代供養慰霊式」の開催状況はこちらです。
会員加入のお願い 産業殉職者の御霊の慰霊、労働災害根絶を願う奉賛会の活動趣旨をご理解いただき、多くの方のご入会をお待ちしております。寄付のお願い 奉賛会の活動はみなさまの寄付に支えられております。浄財のご提供につきましてご支援、ご協力をお願い致します。
個人情報保護方針

公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目18-14
藤井第一ビル3階
TEL:03-5829-8299 FAX:03-5829-4429
E-mail:housankai@sajiho.or.jp

高尾みころも霊堂
〒193-0941 東京都八王子市狭間町1992
TEL:042-663-3931 FAX:042-663-3932

開堂時間等は次のとおりとなります。

【開堂時間】
納骨堂:午前10時〜午後4時
管理事務所:午前8時15分〜午後5時
【休堂日】毎週火曜日 (春秋のお彼岸と新旧のお盆を除く)、12月29日〜1月3日